メリット・デメリット

任意整理のメリットですが、弁護士に代理人になってもらって手続きを進める場合だとすぐに督促が止まります。毎日かかってきていた電話も鳴りやみますし、自宅や職場に取り立てが来ることもありません。もう督促や取り立てに怯えることはありませんし、平穏な生活を取り戻すことができます。なお、自分で交渉を行う場合だとこうはいきません。

過払い金高利で借りていた場合だと債務額が少なくなるのはもちろん、過払い金が発生することもあります。こうした過払い金についても弁護士を通じて請求できますし、これもメリットの一つと言えるでしょう。支払いすぎていたというケースだと借金が少なくなるどころか完全になくなるかもしれません。

一方のデメリットですが、任意整理は債務整理手続きの一つですから信用情報機関に情報が載ってしまうということが挙げられます。信用情報機関に情報が登録されてしまうと一定期間クレジットカードが作れなくなったり、新たにローンを組むこともできなくなります。考え方を変えてみると、もう借金することができなくなるのですからそれはそれでメリットかもしれませんね。任意整理にはこうしたメリットとデメリットがあるということを覚えておきましょう。